チワワに合ったしつけとは

飼っているチワワの『ミック』が深夜から明け方にかけて吠えるようになってしまったので、しつけ教室の先生に相談したところ、主従関係を作るためにと勧められて『アルファ・ロールオーバー』を始めた飼い主さんご夫妻。

実際にやってみたら、ミックはものすごく暴れ、飼い主さんは噛まれてしまったそうですが、それでも先生が「負けないでがんばれ」と言うので、傷を作りながらも続けていたそうです。

ミックは体重2㎏強。押さえつけるのは誰でもできます。アルファ・ロールオーバーを続けているものの、ミックは相変わらず暴れ続け、最近ではうなり声を出すようになったそうです。深夜から明け方にかけての吠えもいっこうに止まず、疑問に思った飼い主さんが私のところに相談してきたというわけです。

実際会ってみると、ミックはとても人なつこく、愛想のいい犬でした。彼は家に人が来るのがうれしくて、なでてやると柴犬独特の笑っているような表情で、目を細めてとても喜んでくれます。

ミックは30日齢でペットショップからやって来たということで、母犬や先輩犬たちにひっくり返された経験はほとんどないと思います。この場合には、アルフアーロールオーバーを続けていると飼い主さんとの関係を壊してしまうと判断したので、いったん中止していただきました。そしてベースプログラムの実施に加えて、「明け方に吠えても絶対に犬の部屋へ叱りに行かず、無視すること」、この1点をお願いしました。

ミックとの我慢比べはご近所迷惑にもなり得るので、吠えても無視しなければならないことを、ご近所にひと言冒っておくようお勧めしました。ご近所の方も、飼い主さんが改善の努力をしようとしているのか、していないのかでは感じ方が違うと思うからです。

そうして徹底的に無視した結果、ミックの吠えは1週間もしないうちになくなりました。

よく観察したところ、お隣の方の帰宅時間が不規則だったそうで、深夜や早朝に出かけたり帰ってきたりすることがあり、それに反応して吠えるようになっていたそうです。

実際、夜中の3時ごろにミックが吠えたので外の様子を伺うと、近所で見かけない人が歩いていたこともあったそうです。なかなか優秀な番犬ぶりです!

「アルファ・ロールオーバーがすべて良くない」というわけではありません。ただ、ミックの吠えを直すために、アルファーロールオーバーは必要なかったというだけのことです。

今までは欧米発祥のしつけ法をすべての犬に採用してきましたが、今、そういったしつけを見直すべきだという声も上がっています。犬の気質を考慮した独自のしつけ法があるべきなのではないか、と考えるドックトレーナーも増えてきています。私もこれには賛成です。

この件に関しては、今後の取り組みのなかで考えていけたらと思っています。