前回の元気すぎるチワワの一件に進展があったので軽くご報告です。

ティファニーのケースでは、まず「パワー・デトックス」から始めることにしました。訓練士にたたき込まれた、力で犬をコントロールしようとするトレーニングを忘れてもらう作業です。私自身も、飼い主さんに出せるくらいの力でティファニーと接するよう気を付けました。

力ではなく、ティファニーが自ら理想的な行動をするように導かなければいけません。幸い彼女は食いしん坊なので、食べもののごほうびがとても有効でした。食べものを使う場合には、タイミングがとても大事です。

飼い主さんは、ティファニーの行動に困ることはあっても、やはりかわいいということでかまいすぎる傾向があり、意味もなく声をかけたり、食べものを与えたりしてしまっていました。

3時のおやつは、犬には必要ありません。そんな習慣から脱出する必要があり、まずはベースとなるチワワのしつけのプログラムを実施してもらいました。

2週間も経たないうちにティファニーの「脳障害疑惑」は晴れ、家で一緒にいるときはずいぷんとおりこうになった、と飼い主さんから連絡をいただきました。

2回目のレッスンではお散歩トレーニングをしたのですが、歩き方は訓練所ですでに教わっているので、導けば歩けるはずです。実際、急に飛び出して私を試すようなそぶりを見せましたが、チワワくらいでしたら片手で止められます。その力を悟ったのか、すぐにティファニーはおとなしくなりました。

しかし飼い主さんに代わると途端にリードを引っ張り、好きに歩き始めます。ティファニーは「飼い主さんを思い通りに引っ張れる」と学習してしまっているので、それを改める必要があります。

犬に引っ張られて動いてしまう人はお散歩のトレーニングができません。飼い主さんご自身がティファニーに歩き方を教えられるよう、少ない力で犬をコントロールすることが可能な道具、ヘッドカラーのジェントルリーダーを使うことにしました。

ジェントルリーダーを着けると、通常の首輪より少ない力で犬をコントロールすることができます。マズルをコントロールするので、首輪よりいっそう精神的に犬をコントロールすることができるのです。

ジェントルリーダーを着けたらリードを短く持ち、犬をできるだけ自分の側に寄せてゆっくり歩きます。ジェントルリーダーを外そうと暴れても、できるだけかかわらないようにしてください。多少絡まってしまっても放っておくのがポイントです。中途半端にかまうと、わざと絡ませるようになりますのでご注意ください。

最初のうちは、5mおきくらいに立ち止まって犬を座らせます。手で押しても、指示を出してもかまいません。食べものを与える必要はありませんが、上手に歩けて笑顔で見上げてくれたときなどは、気持ちが良いかと思いますので与えてもよいでしょう。基本は言葉でほめてやることで十分です。

ティファニーは興奮しやすい性質でしたので、大げさにほめると飛び上がってしまいます。なでずに落ち着いたトーンの声をかけるだけにしてもらいました。

このパワーデトックスをして、訓練所で着けられたチェーンカラー(鎖状の閉め首輪)からジェントルリーダーに変えてトレーニングを始めて2週間も経たないうちに、飼い主さんから感謝のお電話をいただきました。

「ティファニーは相変わらずおてんばですが、とてもいい子になり、穏やかな時間も過ごせるようになりました。脳に障害があるかしらなんて思ってしまったことを後悔しています。問題は私にありました。この子を手放さなくて本当によかったです」

よかったね、ティファニー。あなたは前向きで、元気で明るい子です。だから、訓練所でたくさんたたかれたり蹴られたりしたのに、人を嫌いにならなかった。本当にいい子です。

ママもわかってくれたようなので、これからはもっともっと仲良く、ママと幸せに暮らしてね。